June 10, 2019

テレビドラマ、宣伝、広告、選挙公約、社会には甘い言葉があふれている。

それらの甘い言葉が本当に現実になるとどうなってしまうのか。

「サザエさんが突然マスオ氏にフェラチオしはじめるような衝撃の描写を『朝日新聞』の朝刊に掲載したときにはじめてその作品が『物品』というものだと確認される」と寺山修司は言った。つまり「物品」において性の営みというのはタブーなのである。彼独特の言い回しだとは思うが、世に溢れる「愛」は絶対的な正義であることを言いたかったのだろう。
 
この映画の中で、マイホームパパの男が二人の子供を殺しピストル自殺する場面がある。男...

June 6, 2019

出演者および制作メンバーを募集しています。


構想中の作品をいくつかこちらにあげておきます。
自然体で演技しないことを心掛けて欲しいと思います。

老若男女問わず、こんな方を募集しています。
・志(具体的な未来像)を持っている方
・真剣に表現活動に身を投じて(ようとして)いる方
・ある程度自立して、しっかり自分の感性に基づき、既成の観念に囚われ過ぎていない方

とにかく、難しいことは一切やりません。

作品は主に海外で上映されることの方が、多くなりそうです。

「埋葬奇譚」(短編映画:約30分)

https://maisou.tumblr.com

あらす...

Please reload

特集記事

自分がある人は甘えをチェックでき、甘えに引きずられる人は自分がない。

すねる、ひがむ、ひねくれる、うらむ、はいずれも甘えられない心理に関係している。

日本人が一般に生真面目でゆとりがなく、ユーモアを解せないと外国人の目に映ることが多い。日本人は本来甘えたいがために、しかし実際にはなかなか甘えられないので...

甘えと自立

March 19, 2020

1/3
Please reload

最新記事

March 19, 2020

September 26, 2019

September 16, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

連絡先