「水の葬列」について


目の前に映る情景は全て水鏡、ただの因果でしかない。

奇跡は起こらないし、風も吹かない、不条理さもそのまま、運命を淡々と受け容れる様が美しい。 受容すれば、好循環となり。否定すれば、悪循環となる。 結局、目の前に映る全ての情景は、自分だけの映画なんだと思う。 「水の葬列」吉村昭

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square